畑山歯科医院

地域密着、患者様の立場に立った治療をこころがけています。

患者様の中には、恐怖心が先立って治療にずっと行けなかった方が多いのではないでしょうか?痛くなってからや、噛めなくなってからお困りの方が多いと思います。
当院では、なるべく早く噛めるように、審美的に問題ないように治療を進めさせていただいており、もちろん治療前に患者様の立場に立って十分に説明してから、納得なされた上で治療を進めていきます。
歯周治療(歯の汚れや口臭など)、入れ歯、インプラント ホワイトニング 、いびきや歯ぎしりなどでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
また、ご希望の方は、CTにより現在の状態をより詳しく診断し、撮影した画像を用いて説明しながら治療をおこないます。

Contents

Recommend

親知らずについて

親しらずが腫れて痛いとき
親知らずが腫れて痛いとき、炎症が激しいときには、麻酔も効かず、炎症がさらに大きくなる危険もあるため、その場で歯を抜くことはできません。
その場合には抗生剤と痛み止めを飲んで、ある程度症状が治まるのを待ってから歯を抜くか、その他の処置を検討します。
通常の歯のように生えている場合は、歯を抜くのもさほど問題はありませんが、横を向いていたり、あごの骨の中にある太い神経に近接しているなどの場合は、歯を抜くこと自体も難しい場合があります。また、歯の根の形態によっては、同様に歯を抜くのが難しいこともあります。
症状によって対処法がいくつかありますので、ご相談ください。

<図> 図の説明 清掃が行き届かず、周辺に炎症が起きている状態です。

親しらずの詳細 - 歯が痛い原因
親知らずは第三大臼歯と言われ、前歯から数えて8番目にあたる歯で、最近では元々生えてこない人もいます。人間の進化の過程で、あごの大きさが小さくなることで不要になってきていることが原因と考えられています。生えるスペースがあごにない場合、横を向いて生えてきてしまったり、角度によっては生えてくること自体できない場合もありますが、レントゲン写真を撮るとその方向がはっきりとわかります。
きちんと生えて、反対側の歯ともしっかりと咬んでいる親知らずは、咬み合わせを支え、咀嚼に重要な役割を果たしているわけですから、きちんと歯ブラシをして虫歯にならないようにしなければなりません。お口の一番奥に生える歯であるため、歯ブラシが届きにくいなどの原因から虫歯になりやすく、また、生える途中で、歯肉の形状から汚れが付着したりして歯肉の炎症を引き起こすことも多く、このことがしばしば「親知らずが痛い!」という状況を作り出します。


顎関節症

顎(あご)を動かすと痛い、口を開けると音がする、口が開け辛い、咬み合わせがおかしくなった・・・
このような症状が出るのが顎関節症です。顎関節症はその名の通り「関節」の病気ですのでひどくなると治療の難しい病気です。

1.顎を動かすと痛い
耳の前あたりが痛むことが多いのですが、人によっては顔の側面から頭まで痛みを感じることもあります。初期には頭痛と間違えることもありますし、肩こりや腰痛、指のしびれを伴うこともあります。
2.口をあけるとカクカクなど音がする
口をあけるときにカクン、コリッという音がする人はたくさんいます。痛みがなく、何年も症状が変化しない、という場合にはそれほど心配することはありません。ただし、変化してだんだん大きくなっているようなとき、「ザラザラ」「ギシギシ」という音になったときには顎関節症が疑われます。また痛みを伴う、口が開けられないといった症状を伴う場合には来院してください。
3.口が開け辛い
顎を動かすことで痛みを感じる為に無意識に口を開けないように抑えてしまい、口が開きにくくなることがあります。また、関節内部に顎を動かし辛くするような組織の変形が起こることもあります。
4.急に咬み合わせがおかしくなった
関節や筋肉に問題が起こると、それが原因で咬み合わせが変化し、それまでと違うところで咬み合い、接触するようになることがあります。また、咬み合わせ自体は変化していなくても、痛みがあることによって脳が咬み合わせに違和感を感じることもあります。


お問合せ・ご相談


072-868-6480
【電話受付時間】

 
午前:9:15~12:00/午後:15:30~19:30
休診日:木曜午後、土曜午後、日祝日
© Copyright 畑山歯科医院 All Rights Reseved.